2013年02月24日

口輪の訓練

今日、2回目のカウンセリングに行ってきました。
口輪の訓練の続きを習いました。最終的には頭を通して止めるようですが、まだそこまでは行けません。

次のときまでに、口輪の中に口を入れて、食べ物をもらうのが待てるようにならなくてはなりません。
お稽古はうまく出来ました。
(美味しいものをたくさん食べれたぞ、とアールが申しています。)
家に帰ってすぐの時も出来ました。

このままうまく続いてくれますように。

あと、アールとわたしが同居している部屋にわたしが入ると、激しく吠えるのですが、それを辞めさせなくてはなりません。
最初におやつを投げて、と前回に言われましたが、それをすると、おやつを飛び越えてわたしに襲いかかるので、していませんでした。
今回は、出て行く時にさりげなくおやつを落としていくように言われました。
こちらの方がうまくいくような気がします。かな?

2週間を最初のめどにして、うまく行くようにしなくてはなりません。

微妙に楽しんでいるわたしが居て、これって良い事かしら?
posted by tomtomland at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のアール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

カウンセリング

きのう、うちの噛み犬アールのカウンセリングがありました。

カウンセリングが専門のドクターと、療法士(?と言ったかな?)のお二人と、うちの妹とわたしとワンでお話をしました。
内容は、咬むようになった経過報告のようなものでした。
彼は、日本犬の野犬の子なので、洋犬に比べると、格段に性格がきついようです。
親である野犬が、生きる為に淘汰されて、強い犬が残っていたと考えるとそうなるようです。

結論は、咬まれないようにする事と、将来の老犬介護の為に口輪に慣らしていこうと言うことになりました。

今、口輪におやつを乗せて食器のような感覚を持たせています。
それはうまくいっていて、口輪がよだれでベトベトになりました。
そんな風に1ヶ月位慣らしてから、留め具を止めるようです。

留め具を止めて、おやつを食べる所までは出来ると思いますが、意外と彼は賢く鋭い所がありますので、1度でも咬もうとして咬めないと、もう着けさせてはくれないのではないかと、わたしは今から心配です。
posted by tomtomland at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする