2015年12月02日

アールの17歳の誕生日

12月1日はアールの17歳の誕生日でした。
最近は、汚いし、臭いしですが、でもでもカワユイ。
お誕生日祝いに、TOOTH TOOTHのイチゴケーキを買ってあげました。


0560

それ、なんですか?


0561

ケーキかな?
(最近は目がとっても悪くなっているし、鼻も利かなくなってきたみたいで、
すぐには解らない様です。)


0562

食べさせてくれますか?


0563

アーン。


0564

うまっ。


昔はこんなショートケーキ、1個では足りませんでしたが、妹が半分食べて丁度でした。


ここのところ元気に歩いていたのに、朝の散歩ではヨレヨレで途中でつぶれてしまいました。
3m位歩いては座り込んでしまうので、帰りは大変時間がかかりました。
灘駅までの昔なら10分くらいの散歩コースです。1時間半かかりました。

いつもは身体を触ると怒るのですが、夜の11時頃まで爆睡していて、半身だけ毛をブラッシングする事が出来ました。途中で毛が引っかかっても起きないので、昏睡状態に陥って目が覚めないのかと思ったりしました。

17歳にもなると色々と気を揉むところが増えそうです。
posted by tomtomland at 01:12| Comment(2) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ぼろ屋の貴公子

写真を撮ったけれど、畳がすっごいぼろぼろ。
これはアールが子犬の時に、引っ掻いたり食べたりした記念。

ぼろ畳の上に居ても、すっかり老いてしまっても、飼い主にはまだまだ貴公子に見えます。

0558


とは言え、ほんとに老いてしまいました。
右目がほとんど見えていないのではないかと思うのですが、見えている左へ左へと曲がって行きます。
食卓テーブルの下にはまり込んで、中の桟に足が引っかかって出られなくなったり、お風呂場の洗い場に降りて行って出られなくなったりします。
お尻を洗う時はスポンジマットを敷いているので滑ることはありませんが、つるつる滑るピータイルでは、立ち上がれないこともあり、お風呂場の洗い場では大パニックに陥っていました。

お尻を洗う時には随分と大人しくしていましたが、先日とうとう歯を剥いて反抗をしてきました。
いつかはそうするだろうと思っていました。これからが大変になりそうです。

写真は、夏休みの8月16日に写した物です。
オシッコの世話と、食が細くなったので食べさせたりするのに時間が取られて、最近は時間がありません。
夜中に起きたりするので、睡眠不足だったりもします。
先日は仕事場で眠ってしまいました。お客様に起こされて、ビックリしました。

そんなこんなで日が過ぎていきますが、1日でも長くアールと居たいと思っています。
posted by tomtomland at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

アールの事

アールは昨日からちゃんと歩けなくなったし、夜中に粗相をしてしまった。
食べたそうに匂いはかぐけれど、ご飯もほとんど食べなくなった。

おとといまではびっこを引きつつもかなり長めの散歩に行ったし、えり好みはあったけれど、ちゃんとご飯も食べてくれていた。
今日からは妹と二人で散歩に出かける事にした。
歩くのはゆっくりだけれど、住宅の周りを一回りした。

先輩の犬達の事を思い出す。

もうあんまり長く一緒にいてくれないかもしれないという、嫌な思いにとらわれてしまう。
頑張れとは言わないけれど、さみしいよ。
posted by tomtomland at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

ベロ。べろべろ。

君。ベロ出とうやん。引っこ抜くぞ。

0535



彼が熟睡すると、舌が出るようになりました。
ついつい引っ張ってみたくなります。
(結果は解っています。私が再起不能なくらい咬まれます。なのでしません。)
posted by tomtomland at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

今朝の夢

HAT神戸から神戸駅を通って、以前住んでいた兵庫駅の裏までアールと散歩をしている夢を見た。
そこから帰ろうと、神戸駅に向かって歩き出すと、道の雰囲気が違う。
普通の道もあるけれど、半透明のチューブ状の中を歩く事になる。
神戸駅付近になるとその中がすごい坂になっていて、見上げなくてはならない。
先の方をおじいさんと、肥った女の人と、若者が登っていた。
私も登ろうとしたけれど、一歩も前に進めない。後にひっくり返りそうになる。
慌てて道沿いに付いている手すりにつかまった。
アールを放してしまった。

そして目が覚めた。

そのとき急にアールがもがいて、ワオワオと寝言を言い出した。
お前、同じ夢を見たのかい?

そんな事を思いつつ、又寝てしまって、続きを見た。

アールは何処かに行ってしまって、私は違う道を探している。
女性が2名歩いて来たので、道を聞くついでに今何年かと聞いたら、2300年代だった。
え、今朝起きた時は2014年だったよ!

あとは覚えていません。


本当に今朝起きたとき、妹がアールがうなされていたわ、と言った。
やっぱり同じ夢を見ていて、あの坂が登れなかったに違いないと、勝手に確信をした。


0517

今日のアールです。さっき掃除の時の写真です。
いつも寝坊助の彼がすっきりとめを開けて、この写真と同じ顔をして、物知り顔でこちらを見ていました。
やっぱり同じ夢を見てたんや、と思いたい私です。
posted by tomtomland at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

お久しぶりです。

気が付けば9月も半ばを過ぎていました。

ひと月以上も本の虫になっていまして。
「氷と炎の歌」と言うファンタジーなんですが、何年も前から図書館で借りて、そうね、3回は最初のあたりで挫折していました。
8月に、何か新しいものを見たくて、TSUTAYAで「Game of Thrones」というのを、新作だけれど1週間借りれるようになっていたので借りてみました。
雪景色のとても美しい映画と思ってしまいました。(映画ではありませんよね。)
見ているうちに、んん?雪の中に死人が蘇る?何か知ってるみたいだぞ。狼の子供?あ、あの本だ!

そう言うことで、再挑戦してみました。
また最初の方で挫折しそうでしたが、DVDで見た所までは読んでみようと頑張ったら、どんどんと面白くなって、辞められなくなりました。
何せ、長ーい物語で、まだ終わりません。新しい第5巻が今月発売になるようですが、全部で7巻まであるようです。
4巻と5巻が、本当は一つの物語で、長いので二つに分けたようです。
3巻から4・5巻までに5年掛かったらしいので、あと何年?わたし読み終えられる?
それより、作者さん書き終われますか?そんなに若くないようだったけれど。

長文で失礼しました。

さて、アールですが、お顔は可愛いのに、すっごい噛みつき魔です。

0484


日曜日に、妹が、アールが寝るペットシーツを布団の上にセットしていたら、いきなり飛びつかれて手を咬まれました。
月曜の朝は、朝食がアールもバター付きのパンなのですが、落としたので拾って食器に入れようとしたら、またしても飛びつかれて今度は胸を咬まれました。

自分のテリトリーや、自分の物と思っている物に手を出すと、怒って吠えながら噛みつきます。
妹は、殺処分だ!と、叫んでいます。

posted by tomtomland at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

ぼくは王子様だい。

妹がとうとうアールに布団を明け渡して、違う場所に移動した。

妹は、敷きマットをアールに取られたので、半分に折った毛布の上で小さくなって寝ている。
それと違い、布団主になったアールは、のびのびと大きく伸びてぐっすりと寝ている。

吠えなくなったのはいいけれど、何ともお気の毒さま。

寝起きも良く、機嫌良く王子様顔で、朝食を待つアール。

0480


後ろ姿も行儀よく、ゆったりと。

0481


またまた甘やかしてしまったわ。
彼は、これで下女どもを良く躾けたと思っているかも。。。
posted by tomtomland at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

カウンセリング

きのう、うちの噛み犬アールのカウンセリングがありました。

カウンセリングが専門のドクターと、療法士(?と言ったかな?)のお二人と、うちの妹とわたしとワンでお話をしました。
内容は、咬むようになった経過報告のようなものでした。
彼は、日本犬の野犬の子なので、洋犬に比べると、格段に性格がきついようです。
親である野犬が、生きる為に淘汰されて、強い犬が残っていたと考えるとそうなるようです。

結論は、咬まれないようにする事と、将来の老犬介護の為に口輪に慣らしていこうと言うことになりました。

今、口輪におやつを乗せて食器のような感覚を持たせています。
それはうまくいっていて、口輪がよだれでベトベトになりました。
そんな風に1ヶ月位慣らしてから、留め具を止めるようです。

留め具を止めて、おやつを食べる所までは出来ると思いますが、意外と彼は賢く鋭い所がありますので、1度でも咬もうとして咬めないと、もう着けさせてはくれないのではないかと、わたしは今から心配です。
posted by tomtomland at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

困った。

アールは日曜日から噛み犬になってしまった。

散歩から帰って、身体を拭こうとしたら2度噛み付いた。
それでも叱ると、なんとか拭かせてくれた。

次の日、また噛みついて、叱ると激しく攻撃をして来て体中を咬まれた。
それで体を拭けなかった。

その次の日にまたまた攻撃をして来るから、わたしは彼を壁に押し付けて威嚇した。
彼は恐怖で固まった。
それでなんとか体を拭いた。

次の日、家に帰った途端に凶暴になって、震えながら激しく噛みついて来た。
手袋をしていたけれど、手を咬まれて骨が折れたかと思った。
アールを壊してしまったようだ。

そして昨日からリードも戸口で外して、体も拭かずに中に入れている。
足だけは濡れタオルの上を歩くように工夫した。


だいたい夏頃から、妹が体を拭く時に時々噛みつくようになっていた。
何処か痛いのかと思って体中探ってもそんな様子は無かった。

原因不明にしていたけれど、考えればそのあたりからお漏らしをするようになったし、夜中に寝なくて徘徊した事もあった。
ボケたと思いたくないけれど、ボケて来たのかしら?
12月1日で14歳になった。しっかりと老犬である。

今どのように対処すべきか悩み中だ。
posted by tomtomland at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

忘れられたかもね。

8月以来投稿していないので、忘れられているかもしれませんね。
それでも毎日10人くらいは見に来てくれていて、ありがとうございます。

アールは老いてきました。
お漏らしはしょっちゅうですし、歩く時には腰が下がって、何歳? と聞かれる事が普通になりました。

さみしいです。

若い時は、グループの中で一番の走者でした。
本当に風のように走っていました。
もう、そんな事はありません。とぼとぼと歩いています。
走っても、ほんの2、3mです。

ボール投げにも興味を失ったようです。
投げてあげても、追いかけていきません。

涼しくなったら元気になるかと思っていましたが、今年は駄目です。

0442

寝場所に居る彼は、まだまだ元気で可愛らしく見えるのですが、チクタクと動いている時間は止め様が無いようです。

仲間もほとんど居なくなりました。
posted by tomtomland at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

表情豊か

雨が降りそうで降らなそうな中を、王子公園まで行きました。
今日は三叉路の所で、おやつをくれるテニスコートのおじさんの方に行きました。

階段を上がると、目は必死でおじさんを捜しています。
テニスコートに通じる通路下におじさんが居るのは、わたしの方が先に見つけました。
おじさんも気付きましたが、アールには見えていないようです。
(犬の目が悪いと言うのは本当かもしれないわ。)
アールはゲートの所で立ち止まって探しています。

下からアーちゃんと言う声で、彼はやっと気付きました。

舌なめずりをしておじさん(わたしにはおやつと思える)を待っています。

おじさんが、アーちゃんは他の子と違って、嬉しい顔がよう解るな、と言ってくれました。

そうでしょ。わたしもそう思っていました。
昔いろんな表情のアールを写真に撮ったけれど、最近は写真嫌いになって、寝ているか怒っている顔しか撮れません。
今でもいいお顔や笑ってくれたりするのに、みなさんに見せられないのが残念です。

posted by tomtomland at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

後遺症(見苦しいかもしれないけれど、これも現実)


0059


去年の下半身の麻痺での後遺症がある。
男の子なのに、足をあげておしっこをする事が出来なくなった。
それで、こんな格好をする。



posted by tomtomland at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

モテる犬。 モテない犬。

0033 0034


上の写真は、左がドン。右がアール。
人間の目から見ると、絶対にアールの方が可愛い。
しかし、犬の目から見ると違うようなのだ。
ドンは雌ワンちゃんによくモテた。
アールはそんなでもない。

犬は容姿で選んではいないらしい。
当然だよね。子孫が残せるかどうかが大切なんだ。
アールは、臆病すぎるのをちゃんと見抜かれているんだ。
それでは種を守れないものね。


posted by tomtomland at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

アールの歯

otona-2アールは丈夫な犬だ。
時々お腹をこわすくらいで、ほとんど病気をしない。

しかし、駄目なところがある。
続きを読む
posted by tomtomland at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

もうすぐ7歳

otona-1 12月1日になると彼は7歳になる。

顔がずいぶんと白くなった。
まつげも白くなった。
まだまだ子犬かと思っていたが、
いつの間にか年寄りになっていた。
posted by tomtomland at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

アールのこと

散歩に行って、気が付いた事がある。

かわいいやん、ごっついかわいいやんと、若い男女の男性の方が言う。

遠くから犬を睨み付けるみたいに歩いてくる男性がいて、犬が恐くて文句を言われるのかと思っていると、側まで来て、にこっとして、かわいいなあ、ええ犬やんと言われる事が何回か。

自転車を止める人何回か。

ええ犬や、ええ犬や、と言いながら、王子公園の散歩の間中ついて来た人。
連れている自分の犬に、お前はあっちに行け、この犬を見たいねん、と言った人もいた。

全部男性なのだ。彼は男性に好まれるのだ。

先日も、犬と散歩中の男性に、凛々しくてええ犬やと言われた。

ネルソンもドンもそんな風に男性に好まれたりはしなかった。
いったい何処が違うのかしら。こいつは本当は臆病で意気地なしなんだけれど。

悪い気はしないが、私には理解できない。
posted by tomtomland at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

アール

アールの全身3年位前、動物レスキューKOBEからアールの兄弟が噛み犬になってしまったが、こちらはどうかと問い合わせてきた。うちは大丈夫ですと答えたが、やっぱりと思った。一度手を噛まれた。苦い思い出があるので、引き綱で顔を叩いたら、金具が当たってしまった。キャンと言ったがすごい顔をして唸っている。お座りと言うと、取り合えずお座りはしたが、怒りで目を真っ赤にし、歯を剥き出しにしている。私も座り込み、目の赤みが薄れ、唸り声の間隔が開くまで睨み合った。
そのうち犬の方が目をそらした。私が勝った。
今でも時々ウーッと言う事もあるが、それだけだ。
posted by tomtomland at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

親たちのこと

親たちは、西宮浜と言う埋め立て地に建てられた仮設から、いろんな事情で連れて行かれなかった犬たちだ。そこは工場地帯であった。そこの小さい隙間に住みながら、群れをつくっていた。ボランティアの人たちがエサを与えて世話をしていた。そこで生まれた子犬が日本中に里親を探して送り出された。
地震からかなり経つと、犬たちは周りの人の苦情により、処分されはじめた。あるものは捕獲され、あるものはバラまかれた毒エサで処分された。最後の子犬は、親と一緒に捕獲され、それを保健所までボランティアの人が取り戻しに行った。活躍を認められていたので返してもらえた。名前を動物レスキューKOBEと言う。今年解散して、もっと大きいグループに吸収されたと思う。
posted by tomtomland at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

アールのこと

アールの顔この子は目を見ても絶対に目を合わさない。
顔を両手で挟んで動かないようにしてみてもだめだ。こちらを向いているが、目の焦点が微妙にずれている。上か下か横を見ている。
いきなり見た時に一瞬目が合うだけだ。
posted by tomtomland at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

愛しのワンコたち

アール登場

うちには犬が居る。6歳。12月で7歳になる。名前はアール。
野犬の仔。親たちは神戸の地震の後、仮設から連れて行かれなかった犬たち。もう処分されて居ない。
posted by tomtomland at 11:42| Comment(1) | TrackBack(0) | アールと言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする