2011年03月27日

さくら

0358


王子公園も、ポチポチとあちらこちらで桜が咲き始めました。
これは観覧車を見上げる所の桜です。
ここん所寒い日が続いているのに、季節はちゃんと巡ってくるんですね。


神戸で被災をした時、近所にあった幼稚園は瓦礫だけになったのに、大きくて立派な桜は満開になった。
そして避難していた病院の近くの公園も、桜は満開になった。
そんな満開の中で、男性が一人ブランコに横座りして、ブランコを揺すっていた。
ドンと通りかかると、退院しても帰る家が無くなったんや、と言った。
私の家もよ、と返事をした。
二人とも、何にも言わずに笑うしかないので、苦く笑った。

かっこ良く言えば、大自然の前には人間はちっぽけなもんだね、と言うことになるんだろうけれど、私はその時、ただただ桜が嫌いになった。

それから数年して、母があと何回桜が見られるのだろうと考えて、見せに行っては、きれいだね、と言っていた。
そうすると私もだんだんときれいだと思えるようになって、最近は震災と結びつけて考えなくなっていた。

今年は駄目だね。思い出してしまった。


posted by tomtomland at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アールと散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする