2005年12月04日

ドンの遠吠え

ドンは家に一頭で残されると、遠吠えをした。
家からそんなに離れていないうちに、最初のウォ〜ンが聞こえた。
大した用事でない時は、かわいそうだと、そこから母は戻っていった。

お隣の奥さんが、犬が鳴き出すから、みんなが出かけことが解ると言うので、一時間程、テープレコーダーに録音をした事がある。


まず、私達が出かけるとすぐに、最初のウォ〜ンの一声が上がった。犬は耳がいいから、まだ私達の足音が聞こえていると思われるうちにだ。
それから少し間が開いて、もう一声ウォ〜ンと鳴いた。少し高めのなんとも悲しげな声だ。
また少し間が開いて、もう一声ウォ〜ンと鳴いた。
次に、ヒュンヒュンと鼻を鳴らす音が聞こえて、ハーッとため息をついた。
また鼻を鳴らして、時々彼が寝ている、ロッキングチエアーに登ったらしい、ギシギシとチエアーの揺れる音がした。
あとは、時々ヒューんと鼻を鳴らすか、ハーッとため息をつくか、フニャフニャと文句を言うかをしていた。

そんなテープは無くなったと思っていた。
地震の時に取り出せたテープがあった。
妹が、何が入っているのか聞き返していたら、彼のウォ〜ンが聞こえて来た。
それを私に聞かせてくれた。

彼は居なくなったが、声だけが残っていた。
posted by tomtomland at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ドン、と言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜
 なんか、胸がキュッとして
 最後の1行で目が潤んでしまいました。
 きっとドンちゃんは、虹の橋の向こうで
 皆の事を時々思い出しながら・・・
 走り回っていると思います。
Posted by usako at 2005年12月04日 16:07
usakoさんへ
あいつはね、寂しがりやだったから、
何処にもいけなくて、その辺をウロウロしているんじゃ無いかな、と思うの。
その方が私は嬉しいかな、と思ったりしてね。
Posted by tomtomland at 2005年12月05日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック