2007年06月05日

1997年

0021
愛しいドン


ドンは、もうあんまり外に出なくなった。
下の道が見えるガラス戸の前に寝ている事が多くなった。
そこから外を眺め続け、遠くの道を犬が散歩していると、首を伸ばして見つめていた。
彼は何を考えていた? いや、想像したくない。

仮設は、どんどんと人が引っ越していって、何となく寂れた感じになっていった。
そうすると、どこかから、バイクの若者が集まってきて、夜遅くまで座り込んで大声で話していた。
静かな、穏やかな垂水の、休暇のような生活は終わったみたいだ。

私達も、6月に、灘に引っ越す事になった。



posted by tomtomland at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドン、と言う犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック